寺院での被害も出ている!ネズミとイタチを上手に駆除する方法 寺院での被害も出ている!ネズミとイタチを上手に駆除する方法

殺生することなく行なえるネズミ駆除やイタチ駆除

住職なら知っておきたい~害獣駆除は殺さずに出来る~

害獣駆除は殺生にあたると考えて、抵抗を感じる住職さんもいるでしょう。ここでは、殺さないイタチ駆除やネズミ駆除方法を紹介します。

寺院の評判を落とさない

作業員男性

寺院には数えきれないほどの人が出入りするうえに重要な仏具もたくさんあって、中途半端な対策では思うような効果を得られません。寺院の価値を下げて、悪い噂が広がるリスクもあります。そうならないために、イタチ駆除業者やネズミ駆除業者に依頼をしておくことで、スムーズに対策できるでしょう。害獣が戻ってこないように予防策もしっかりしてくれるので、再び住み着くリスクが低くなります。一定の費用はかかりますが高い効果を期待できて、長い目で見たらコストパフォーマンスが良い方法です。

殺さない駆除方法

ネズミ駆除はどのように行なわれるのですか?
忌避剤を屋根裏に設置して、住みにくい環境を作ります。ネズミの生息範囲を徐々に狭めていって、屋根裏から追い出す方法です。市販のネズミ駆除アイテムをそのまま使用するわけではなく、業者が状況確認した際に有効と思われるアプローチで進めます。使用目的に合わせてゲルやくん煙など複数の忌避剤を組み合わせるなど経験が問われるため、実績豊富な業者に依頼すると安心です。
イタチ駆除の方法について教えて下さい。
イタチ駆除の場合も、屋根裏の状態に合わせた忌避剤を使用して生息可能範囲を狭めていきます。出入り口に遠いところから順番に対策していき、屋根裏から出ていくように仕向けます。捕獲する場合は、地域のしかるべき組織に対して有害鳥獣駆除申請が必要です。寺院のトラブル防止のためにイタチを捕まえる許可をもらって、法律上の問題をクリアしてから対策をします。

駆除業者は動物愛護の精神を心得ている

ネズミ駆除は、寺院独自で対応した場合も法律上のトラブルにはなりませんが、イタチの場合は許可制とされています。勝手にイタチ駆除を進めると動物愛護の精神に反して、法律違反が問われるリスクがあります。しかし、業者に依頼すると高い駆除効果を期待されるうえに、動物愛護という仏教的観点に則った判断ができるメリットもあります。

TOPボタン